« 久々 | トップページ | 真似されるのが嫌い »

2004.10.01

君の明日が幸せでありますように

 恋に思い悩む姿には、男女を問わず、こころが引かれる。
 プライドの皮膜は案外に薄いので、時々こぼれてしまう悲哀の色は、隠せようもない。
 一瞬、彼或いは彼女の人間性の核心が顕れた、と思える瞬間もある。
 大多数の人はこの一瞬の顔がとても美しい。
 この一瞬の顔がねじ曲がって醜い人は、自己愛の強い恋愛しか持っていない。
 特に美しい人は、相手をまず愛しながら、自分の場所を決めあぐねて行きつ戻りつしている人である。他者と何かを通わせたいと熱望できる人である。
 相手のことを語る時、自分のことを語るより表情の輝く人、和らぐ人、悩みの多い恋であってもその時だけは、軽やかになれる人。

 悲哀に疲れて眠る人、その寝顔はしばしの安楽を得た穏やかさに揺らいでいる。
 複雑な色彩を塗り込めて、ただ美しい顔で一心に眠っている。

 慰めるコトバは何もない。けれど、その美しさがいつか報われるように、静かに記憶に留めておこう。

|

« 久々 | トップページ | 真似されるのが嫌い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36296/1565981

この記事へのトラックバック一覧です: 君の明日が幸せでありますように:

« 久々 | トップページ | 真似されるのが嫌い »