« リアルタイムな7月6日1 | トップページ | リアルタイム7月6日 3 »

2004.07.06

リアルタイム7月6日 2

 ワークショップ 火曜昼グループ終了。
 課題は「黄水謡」と「剣舞」。「黄水謡」は、自然発生的に(?)張鋭さんのCDが模範演奏になっている。ので、
第三ポジションまで出てきても、比較的スムーズに弾けてる。あとは、風格をいかにつけるか。
 私も、張鋭さんの、篤実なんだけど、どこか飄々とした、仙人みたいな演奏スタイルが好きなので、あまり目立った飾りはつけないで弾くように心がけている。ただ、張先生の演奏は、かなり特殊なビブラートが使われているので、ここ二年研究中。

 その後の話題は、7月23日に、札幌で急遽行われることになった、賈鵬芳先生のコンサートの件。
 そこから発生して、自分たちが先生とこれからどうやってつながりを保っていったらいいのか、そろそろちゃんと決めようという話題に。先生にとって、教育は大切なビジネスなのだから、今までのように、好意にばかり甘えてはいられない、という話、など。
 ただ、みんな賈先生の二胡はいいなあ、と思っていて、コンサートがあること自体が嬉しい、その気持ちを、ピュアなままで保ち続けたいと考えている。これから、なにがどう展開し、変化しようとも。
 また話題が転がって、8月の姜女史のコンサート、9月の陳敏さんのステージと、いろんなことがあって嬉しいねえ、という話へ。
 
 二胡ワークショップは、弱小団体(笑)だけど、一人一人が、直接二胡の神様と繋がってる気がする昨今。
 一人一人が、二胡の真実に向かって、間になにも挟まずに、まっすぐ進んでる。
 以前からの参加者は、ほとんどみんなそうだから、私もやっていける。迷いながらだけどね。

 さて、これから、ライブのリハ。
 今、カホーン大王・佐々木KAZOOさんの到着待ってるとこ。
  

|

« リアルタイムな7月6日1 | トップページ | リアルタイム7月6日 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36296/912113

この記事へのトラックバック一覧です: リアルタイム7月6日 2:

« リアルタイムな7月6日1 | トップページ | リアルタイム7月6日 3 »